cropped-rogo2.png

大分県唯一のスキー場、九重森林公園スキー場は大分県九重連山の麓にあります。雪はあるんですか?とよく聞かれますが、大分県内でも比較的雪の多い地域で、2月は特にパウダースノーを楽しむことができます。
 

ゲレンデでの雪は人口雪がメインですが、スキー場が自信を持つ降雪システムを利用しているため、九州のスキー場とは思えないほどの良い状態の雪質です。

 

現在、リフトは動く歩道タイプを含め4基。
最大傾斜25度の上級者向きチャレンジゲレンデのほかに、木々の中を通る中級者向き林間コース、緩やかで幅も広いファミリーゲレンデなどレベルに応じたコースが充実しているゲレンデです。

 

スキー場設計には、代表の石川憲輝がアドバイザーとして携わっております。

skiareamap.png