前のページに戻る
ちまたの声・よもやま話 Part2
Part1


このページでは、スタッフが見聞きしたこと、面白い話題など気ままにUPしていくつもりです。
どうか、気楽にご訪問下さい。


・文化庁 国語世論調査 (2011/09/16)・・・・・by A.Y.
・オーランチオキトリウム (2011/05/24)・・・・・by A.Y.
・DHMO (2011/03/24)・・・・・by A.Y.
・重ね言葉 (2011/01/14)・・・・・by Y
・モスキート音 (2010/11/05)・・・・・by Y
・便利な地図 (2010/10/01)・・・・・by A.Y.
・「日本全国なんでもワースト1位」 (2010/10/01)・・・・・by A.Y.
・ボトリオコッカス (2009/08/28)・・・・・by A.Y.
・ワールドコミュニティーグリッド (2009/08/17)・・・・・by A.Y.
・百人一首 (2008/12/30)・・・・・by R.I.
・瞳の色 (2008/12/29)・・・・・by A.Y.




「文化庁 国語世論調査」

知ってました?
姑息 = ○一時しのぎ(×卑怯な)
雨模様 = ○雨が降りそうな様子(×小雨が降ったりやんだり)

⇒詳細

(2011/09/16・・・・・by A.Y.)
↑ページトップ


「オーランチオキトリウム」

以前、「ポトリオコッカス」の記事を載せたが、それよりも効率の良い「オーランチオキトリウム」というものがあるようです。
http://wiredvision.jp/blog/yamaji/201102/201102251301.html

(2011/05/24・・・・・by A.Y.)
↑ページトップ


「DHMO」

DHMOとは、
  • 水酸と呼ばれ、酸性雨の主成分である。
  • 温室効果を引き起こす。
  • 重篤なやけどの原因となりうる。
  • 地形の侵食を引き起こす。
  • 多くの材料の腐食を進行させ、さび付かせる。
  • 電気事故の原因となり、自動車のブレーキの効果を低下させる。
  • 末期がん患者の悪性腫瘍から検出される。
  • 多量に吸引すると死亡する。
その危険性に反して、DHMOは頻繁に用いられている。
  • 工業用の溶媒、冷却材として用いられる。
  • 原子力発電所で用いられる。
  • 発泡スチロールの製造に用いられる。
  • 防火剤として用いられる。
  • 各種の残酷な動物実験に用いられる。
  • 防虫剤の散布に用いられる。洗浄した後もDHMOは残留し、産物に悪影響を与える。
  • 各種のジャンク・フードや、その他の食品に添加されている。
「この物質は法で規制すべきか?」
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
「DHMO」はDihydrogen Monoxide:一酸化二水素、つまり水です。

これは 1990年にエリック・レヒナーと Lars Norpchen によって考えられたジョークであり、1994年にクレイグ・ジャクソンによって改訂された。その後、1997年にアメリカ合衆国アイダホ州の中学生であったネイサン・ゾナー(当時14歳)が「人間はいかにだまされやすいか?」 ("How Gullible Are We?") という調査に用いたことがきっかけで世界中に広まった。
今回の原発事故でも、あやふやな情報に惑わされることなく、 物事の本質を見抜く力が必要でしょう。

(2011/03/24・・・・・by A.Y.)
↑ページトップ


「重ね言葉」

ネットで見た話題

☆「ボリショイ」とはロシア語で「大」と言う意味。つまりボリショイ大サーカスでは「大大サーカス」

☆チゲと言うのは「鍋」と言う意味なので、チゲ鍋では「鍋鍋」

☆クーポンと言う言葉は「券」と言う意味なので「クーポン券」では「券券」

☆襟裳(えりも)はアイヌ語のエンルムからきていて意味は「岬」の事、つまり襟裳岬は「岬岬」

☆フラダンスの「フラ」とはダンスを意味する言葉なので、フラダンスは「ダンスダンス」

☆スキーという言葉は元々ノルウェー語で薄い「板」を差す言葉なので「スキー板」では「板板」

☆アラーの神と言う言葉、「アラー」とは「唯一神」の事なので「神神」

☆イスラム・シーア派の「シーア」は派閥という意味で「シーア派」は「派派」

☆トリコロールカラーと言う言い方「コロール」がカラーの事なので「3色色」

☆サハラとは「砂漠」の意味なので「サハラ砂漠」では「砂漠砂漠」

☆ガンジス川のガンジスとはサンスクリット語の川という意味の英語読み、つまりガンジス川は「川川」

☆ナイル川のナイルも川。インダス川のインダスも、タイのメナム川のメナムも、チベットからインドシナ半島のメコン川のメコンも、中国〜シベリアのアムール川のアムールも、すべて川という意味で「川川」

(2011/01/14・・・・・by Y)
↑ページトップ


「モスキート音」

以前に話題になった、若者にしか聞こえない「モスキート音」。
歳をとると、高周波の音が聞き取れなくなるという話。
それを確認できるサイトがあったので、ご紹介します。

大人には聞こえない音/聴力検査FLASH (Mosquito Sound)

個人差はあるようですが、20代・30代になってくると14,000Hzあたりの高音が聴こえなくなるそうです。
ちなみに私は11000Hz位から聞こえませんでした。

(2010/11/04・・・・・by Y)
↑ページトップ


「便利な地図」

 WEB上で便利な地図を見つけました。
マピオンの「キョリ測」という機能です。

地図上で距離を簡単に測れる他に、消費カロリー(性別、年齢、体重:徒歩、ジョギング、自転車別)も表示されます。

これを使って、ウォーキングコースなどを考えるのにとても便利です。

マピオン(http://www.mapion.co.jp/)

(2010/10/01・・・・・by A.Y.)
↑ページトップ


「日本全国なんでもワースト1位」

都道府県の「ワースト1」ばかりを取り揃えたWebページがあります。
そこからピックアップ。

「コンピュータを指導できる小中高教師の割合・ワースト……高知県」
「豊かさ指数・ワースト……埼玉県」
「宿泊観光客数・ワースト……徳島県」
「男性の喫煙率・1位……山梨県」
「女性の喫煙率・1位……北海道」
「献血率・ワースト……茨城県」
「ひったくり事件の認知件数・1位……大阪府」
「一世帯当たりの借金・1位……千葉県」
「運転席のシートベルト装着率・ワースト……新潟県」
「モスバーガーの店舗数・ワースト……滋賀県」
「都道府県別mixi普及率・ワースト……福島県」
「インターネット人口普及率・ワースト……青森県」
「センター試験の平均点・ワースト……岩手県」
「各都道府県公式ホームページのHTML文書の正確度調査・ワースト……秋田県」


参考サイト

(2010/10/01・・・・・by AY)
↑ページトップ


「ボトリオコッカス」

ボトリオコッカス(Botryococcus braunii)という藻は世界中の池や湖などに生息し、自ら油を生成するのだそうです。
ボトリオコッカスは太陽光が多い水面に浮くための浮力を得たり、敵から身を守ったりするために光合成から重油の一種を作り出すことが知られています。しかも、生育環境としては生活排水を好み、汚れた生活排水の中では逆に、繁殖力がアップされるそうである。ボトリオコッカスは、搾って油を抽出しても死なずにまた油を生産する、大きな可能性を秘めた生物だ、と言う研究者もいるようです。
現在の農地の休耕地、休耕田を使えば10年後には日本の石油消費量をまかなえるかも、という研究もあります。
筑波大や国立環境研究所などの共同研究チームが取り組んでいるそうです。

(2009/08/28・・・・・by A.Y.)
↑ページトップ


「ワールドコミュニティーグリッド」

World Community Grid(WCG)という活動があります。
これは、IBMの援助で発足したプロジェクトで、目的は人類に貢献するプロジェクトに取り組むための、世界最大の公的コンピューティング・グリッドを構築することだそうです。

最新の医療・学術研究において膨大な計算や試行が必要ですが、スーパーコンピューターを使うには莫大な費用がかかります。
そこで全世界の家庭や職場のPCを繋いで、スパコン並み、いやそれ以上の処理能力を得られる「グリッドコンピューティング技術」が開発されました。

つまり、使っていないPCに社会貢献をしてもらおうということです。
電源を入れっぱなしにするわけなので、CO削減のECO活動には反するかもしれませんが、人類の未来に貢献できることは事実です。

2004年11月のプログラム発表以来、世界中で約100万台のコンピューターが登録されており、これまでに「がん克服支援」「デング熱の治療薬を見つけよう」「ヒトたんぱく質解析」「FightAIDS@Home」「アフリカ気候モデリング」などの研究実績があるそうです。

興味のある方は
⇒World Community Grid

私も参加しています。

(2009/08/17・・・・・by A.Y.)
↑ページトップ


「百人一首」(・・・もうすぐお正月です)

 私の年代では、お正月に家族、兄弟、従兄弟たちとかるた会をやっていました。

学校でも新年早々かるた大会を開催し、当時は多くの句を覚えました。

昨シーズン某高校の団体レッスンを担当し、かるたクラブとか・・・擁するに百人一首を研究したりという活動をしている中国籍の女子生徒に 

むすめふさほせ」から始まる句は一句ずつしかないと教えてもらいました。

 は 「むらさめの・・・・」(昔は覚えてたなあ・・・)
 は 「住之江の・・・岸による波・・・??」
 は 「巡りあいて・・・見しやそれとも・・・」
 は 「吹くからに・・・嵐というらむ」
 は 「さびしさに・・・宿を立ち出でて・・・」
      (父が、鹿もキャンキャンとふざけてたなあ)
 は 「ほととぎす・・・」
 は 「瀬をはやみ 岩にせかるる滝川の 分れても末に 逢わんとぞ思ふ」

全部覚えているのは、「せ」のみ。あとはところどころ。
しかも、漢字で書くとねえ・・・・。

日本語は難しい・・・・・です。

(2008/12/30・・・・・by R.I.)
↑ページトップ


「瞳の色」

昨日、お客様との飲み会での会話の中で、
欧米人の青い瞳は光に弱いとのこと。
黒い瞳の日本人より光をまぶしく感じるらしい。

だから、サングラスの着用率が高いのだとか。
逆に、日本人はサングラスなどかける必要は無いともいえるのだとか。

また、欧米では蛍光灯の普及率が低い、
それは日本人にはちょうど良い明るさの蛍光灯も、欧米人にとっては眩しすぎるらしい。

道理で、欧風のホテルの客室内はやけに暗いはずである。

(2008/12/29・・・・・by A.Y.)
↑ページトップ



石川プロスキースクール